札幌山びこ山友会HP投稿検索過去
山びこ会員の活動の記録です

 恵庭岳南東尾根超危険登頂  dotosan  2017年3月20日(月)春分の日
修正
以前から気になっていた超ハードなこのルート。昨春までまさかこのルートで登れるとは思わなかったです。これもひとえに山びこで技術を習得したため成しえたことだと思っております。片道4q程度しかないのに、登り6時間下り5時間かかったのは、2か所の登攀ルートを切り開くことと、日高以上の急登であった、暖気のためズボズボと埋まる雪に足を取られる、下山時のクラストした雪で滑走が難しかった。などなどたくさんありました。このルートは南面なので厳冬期が適しています。山頂の岩塔の南面を登攀する予定でしたが、雪が緩く夏道のルンゼを利用しました。当初予定した西峰は時間切れで断念し次回にリベンジです。天候が良かったため景色はそれは超一級です。昼食はジンギスカンを食べようと(ミニジンギスカン鍋と肉、野菜をちゃんと用意)思ったのですが時間なくやめました。超危険で垂直な場所のルートを切り開いたタフなHさん、崖では怖さなしのバリバリな大〇さんお疲れさまでした。後ほど動画を追加しますのでこうご期待!

Co1230mの登攀。この後クマの足跡が。

Co1260mの広場。支笏ブルーがいい

夏道のルンゼ。余裕!

山頂到ちゃーく!
>>>もっと見る 

 幌加内第2弾!!鷹泊山  J子  2017年3月19日(日) 12:51
修正
鷹泊山(タカドマリヤマ)は正確には深川市?よくわからないけれど・・幌加内第2弾で行って来ました。
トンネルを抜けた先の駐車場に止めて、旧国道をテコテコと幌加内峠まで歩き、そこから尾根にとりつきます。まあ、私にも滑れます〜って超超疎林の良き斜面がPまでず〜っと続きます。楽し〜い!!
のんびりテコテコ登山で車から2時間、ピンクテープの簡素なピークで標識はあったのかしらん?気づきませんでした。最近過剰に豪華な標識が目だつなか、なかなかよろしいかと。
来年もう少し早い時期にきっと行きます(キッパリ)
最近お気に入りの幌加内であります。





 白井岳 いい天気だよ〜  dotosan  2017年3月18日(土) 18:29
修正
今日は、超快晴!帰宅したら「もう飲んだ顔みたい」って家族に言わるほど日焼けしました。雪は思った以上に滑りやすく、この雪は今シーズン最後でしょうか。大変楽しめました。我が会のS井さん「行きたかったべなー」。このあと車の調子が悪く(走行上問題ないですが)トヨタに行ったら、修理に15万円掛かると言われてました。山びこ仕様の車買うか〜?動画は音量に注意してください。レンズについているのはエクレアのクリームです。




>>>もっと見る 

 写真をもう少し  札幌のO  2017年3月18日(土) 22:55 修正
高○さん!投稿ありがとうございました。やはり動画は良いですね!ありがとうございました。それにしても良い天気とこの時期にしては最高のパウダースノーで感激致しましたが、今年は結構天気とパウダーに恵まれておりました。一体誰のせいでしょう!この山と同名のSさん!来シーズンは是非とも行きましょう!

いざ白井岳に出発

白井岳の稜線

やはり稜線

頂上
>>>もっと見る 

 3日間、大満足の三段山&前十勝 2017.3.10〜12  M  2017年3月13日(月) 6:27
修正
 3日間とも天気は良好(風がほとんどなかったのが良かった。)であった。とくに12日は快晴・微風の絶好の山行日和。10日『三段山』は雪が深すぎて滑りに苦労する。ほとんど直滑降状態である。11日、12日『前十勝』は最高の雪で大斜面を気持ちよく滑ることができた。

11日『前十勝』頂上は見えない

11日前十勝1500m付近から三段山、Nポイント、OP尾根を撮影

12日前十勝1570mここから一気に滑り降りる

GPSログ
>>>もっと見る 

 前十勝大滑走  札幌のO  2017年3月13日(月) 8:29 修正
本当に天気に恵まれて大滑走を楽しむ事が出来ました。写真を少し追加いたしました。

前十勝の大斜面

前十勝に向かう

前十勝のシュプール

前十勝より富良野岳を望む

 大満足の白銀荘&山スキー  h u-no  2017年3月16日(木) 21:33 修正
休みを取り参加した。好天に恵まれてスキー・宴会・温泉の三日間を楽しみました。メンバーの皆さん御世話になりました。

3日目快晴これから 前十勝に登る

2日目夕食おでん、前日はすき焼き

遠くの旭岳もくっきり

目指す前十勝

 藻岩山 東本願寺墓地コース  たかたか  2017年3月13日(月) 21:23
修正
藻岩山の新コースを開拓してきた。
藻岩山には公式の4つの登山道があるが、冬期間は慈恵会から3つ目のお地蔵さんを左に逸れてまっすぐ山頂を目指す冬コースと呼ばれる第5の登山道ができる。最初にトレースを刻む登山者はかなりのハードワークと思われるが、多くの登山者が利用しているため、完全に踏み固められ、誰でもが安心して利用できるコースとなっている。
冬限定のコースとしては、他に軍艦岬コースというのがあり、真駒内側の尾根から登るルートで、博善斎場の前から取り付くのが代表的。このコースでは過去冬期間に3回行ったうち2人の登山者とすれ違っており、案外と利用されているコースなのかもしれない。ただし、濃い藪となる夏期は誰とも出会っていない。このコースの泣き所は車の駐車に苦労するところ。
そして今回の東本願寺墓地コース。ロープウェイ山麓駅の先にある墓地裏から取り付いて比較的なだらかな尾根登りでアンテナ施設付近に出るというコースで、3つの冬コースのうちもっとも緩やかで安心して登れるコースだった。問題は車の駐車であるが、ロープウェイ山麓駅の駐車場を無料で利用することができる。今回はズボズボと埋まる個所が多くかなり手こずったが、春に近づけば雪も締まりもっと歩きやすくなるだろう。このコースはスキーでの登下も楽しめそうだ。

墓地から市街を眺める

こんな尾根をいく

赤が今回、青は過去に行ったルート

 2/26 大人気の大沼山 山スキー  h u-no  2017年2月27日(月) 20:03
修正
小雪の中9時前に元豊羽鉱山の登山口へ着くとゲート前に既に10台の車が我々の後からも次々と15台位に。雪はたっぷりあり30cm位の新雪だが先行者が沢山おりラッセルは最後まで無かった。登り2時間半。楽しみな下りは雪が深かったが楽しめました。転ぶと立ち上がるのが大変。一か所登り返しではシールを着けた。帰りの千尺の車置き場にも5台位の車があり夏場にもない人気ぶりですね。

出発前の登山口

先行パーテイに続いて

山頂にてメンバー

転ぶと埋まり大変

 パウダースノーの音江山 2017.2.19  M  2017年2月20日(月) 23:42
修正
 曇り時々雪。前日の降雪もあり6〜7cmの新雪が積もっていてパウダースノーの音江山を気持ちよく12名で滑ってきました。下り滑降時(690m付近から)下の沢形の素晴らしい疎林斜面が気になっていたが、帰ってからGPSログを見ると、登りトレースを外れてそのまま沢形斜面を下るべきであった。まだまだ地形図が頭に入っていないと反省。次は絶対この沢形疎林斜面を滑るぞ〜!

頂上にて記念撮影

もうすぐ頂上だ。けっこう吹雪いている。

GPSログ1

GPSログ2

   dotosan  2017年2月26日(日) 14:44 修正
すいません記事の時程が更新して逆になってしまいました。遅くなりましたが動画UPしました
>>>もっと見る 

 恵庭岳残雪期入門(氷雪入門の代わり)  dotosan  2017年2月25日(土) 20:14
修正
11月に行われる(氷雪入門(上ホロ)のほか、残雪期入門と題して、氷雪入門に代わりこの時期に行われています。私のほか、〇高さん、一方で佐〇さんはスキー入門を兼ねています。今日は非常に重い雪でしたが、岩塔の一部を登らせていただくなど、ワイルドな山行でした。山頂には立てませんでしたが、支笏ブルーを眼下に見ることができました。皆さんお疲れ様でした。そしてありがとうございまました。





   dotosan  2017年2月26日(日) 8:50 修正
動画と地熱で空いた穴ぼこなどの写真を追加しました。
>>>もっと見る 

 恵庭岳(残雪期入門) 2017.2.25  K  2017年2月26日(日) 12:15 修正
残雪期入門であるが,日程を半月ほど早めたため,雪はたっぷり。暖気のためか,真冬よりは明らかに暖かかった。
山頂の岩塔はとても見栄えがする。名なしのようなので,鳳凰三山の地蔵ヶ岳オベリスクにあやかり,恵庭岳オベリスクとでもしておこうか。
帰路,dotsan氏が融雪箇所を発見(穴の空気が暖かいそうだ)。噴気のある爆裂火口とは随分離れているが,暖められた水蒸気が火砕岩や溶岩の中の割れ目を通って局部的に上昇しているのであろう。活火山の鼓動を垣間見るようだ。

山頂”オベリスク” co1250m

モノトーンの世界に紅一点 co1150m

陽射しの中に雪が舞う co1150m

融雪地点位置 co1050m
>>>もっと見る 

 恵庭岳(残雪期入門) 2017.2.25  M  2017年2月26日(日) 3:37
修正
 なんと私がザックを玄関に忘れ、取りに戻ったため1時間ほど遅れての出発(08:40行動開始)となってしまいました。大変申し訳ありませんでした。m(__)m
★コースタイム
 08:40 行動開始
 09:15 「ここから千歳市」の標識を過ぎてすぐに尾根取り付き
 10:35 952mポコ
 12:25 スキーデポしてアイゼン・ピッケル
 13:00 岩塔基部にて行動停止
 13:20 スキーデポ地点・滑降準備
 14:25 林道に合流
 14:40 駐車地点 着

★<もっと見る>に写真と動画をアップしています。

13:00岩塔基部にて行動停止

11:54

12:54

行動停止地点から支笏湖を撮影
>>>もっと見る 

 恵庭岳(残雪期入門) 2017.2.25 写真を追加  M  2017年2月26日(日) 3:41 修正
 GPSログと写真を追加します

GPSログ

GPSログ

13:07 下り

13:13 急斜面下り

 奥手稲山〜山の家〜984mポコ 2017.2.22  M  2017年2月23日(木) 11:20
修正
 先週に引き続き『奥手稲山』に登ってきた。今回は「奥手稲の沢」一本北側の沢を詰めて頂上へ、そこから奥手稲の沢川へ滑り降りて山の家に登り返しユートピアゲレンデを滑降する計画である。山の家から984mポコまで登りほぼ計画通りの行程となった。快晴、無風の絶好の天気であった。雪はちょっと重めであったが気持ちよく滑ってこられた。帰りの林道歩きが約1時間30分と長いのが欠点かな〜  
 総行動時間6時間50分

奥手稲山の家と鐘

奥手稲山頂上にて1

奥手稲山頂上にて2

春香山小屋

 奥手稲山〜山の家〜984mポコ:GPSログ 2017.2.22  M  2017年2月23日(木) 11:24 修正
 GPSログを追加します。

カシミール3D・GPSログ

google earth1

google earth2

google earth3

1 2 3 4 5 6  過去ログ全 100件 [管理]
CGI-design