トップページ > 山行報告(最新記事)

<戻る>投稿検索過去一覧
山びこ会員の活動の記録です

1 2 3 4 5 6 7 8  過去ログ全 101件
 No.933 十勝岳〜美瑛岳周回  J子  2021年9月7日(火) 17:22
修正
これで2回目の十勝から美瑛。天気ナビの眺望予想は超悪の×連続。でも朝起きて見ると、悪くないんじゃないの?ワオ〜きれいじゃないの。十勝岳へは風もなく西側なので太陽ビームの影響も受けない。快適。

ピークからは手が届きそうなすぐそこに、ふんわりと綿菓子のような雲海。ダイブしたくなるね〜・・・しないけど。雲海の上にニペソツがちょっこり顔を出している。

見上げる晴天の十勝連峰

十勝キング

Pからパノラマ

雲海に泳ぐニペソツ山

 No.934 続き  J子  2021年9月7日(火) 17:35 修正

縦走路途中から美瑛岳方面

美グラス
縦走路もいい天気。トムラや愛別、旭岳、オプタテ、石狩連邦とよく見える。
でも、縦走路中間地点から雲海があがってきて眺望はきかなくなってしまった。天気ナビもまったくはずしたわけではないようだった。

美瑛からはかすかに美瑛富士が見えるくらい。ポンピ沢までの道は相変わらず歩きにくく、ため息。それなのに何故か笹までかぶって足下がかき分けないと見えない状態が出現。十勝連峰なのに、これってあり?不思議。前回はこんなのなかったはず・・。

十勝岳の分岐にほど近いところにとてもきれいなグラスがある。イネ科?スゲ?カヤ?何かわからないけれど誠にきれいでありました。
秋には花ももうおしまいですが、その替わり、なにげにグラスがきれいです。

 No.931 会山行「ニセイカウシュッぺ山+「大槍」山頂に立つ」 2021.8.15  RyoMa  2021年8月16日(月) 5:07
修正
 総勢14名で「ニセイカウシュッぺ山」を登る。(登山口07:50発)天候は曇りでほとんど無風、空気はヒンヤリとして「水分補給」は最小限ですんだ。計画通り往復6時間のコースタイムであったが、8名は「ニセイカウシュッぺ山」頂上を早々に下り、途中から登山道を離れ「大槍」の山頂(11:20〜23)に立つことができた!!
 「大槍」への道はしっかりとした踏みあとがあり10分強で山頂へ。その後、後続6名と分岐点で合流(11:35)し、下山(登山口11:55)

GPSログ拡大・ニセカウ&大槍、小槍<1601m>

10:08 登り「大槍」への急登前のコル

10:27 いつ見てもカッコイイ!!「アンギラス」

11:21 「大槍」頂上の5人

 No.929 2021年8月6日金山沢  Y.Y  2021年8月9日(月) 15:38
修正
6:50ラルマナイ林道スタート、快適に整備された林道を歩いて入渓地点へ。7:17入渓。倒木がところどころあるが、砂岩の美しい渓相が続く。河原と渓谷が交互に現れる。8:16核心である三段の大滝に到着。滝壺は広く足の付く程度の深さで、落ちても比較的安全なためアタックは可能かと思われたが、三段目の滝は垂直で登攀困難との前情報があるため高巻きすることにした。
8:50広々した明るい河原で大休止。焚き火を起こして釣り。30センチ×3匹の漁果あり、焚き火で塩焼きにして頂いた。その後も渓相は変化に富み飽きさせない。徐々にナメ滝が多くなってきて各々滑ったり泳いだり楽しむ。
11:00当初の脱渓予定ポイントに達したが、時間に余裕があるため先の林道交差点まで行程を延長することにする。人工関を越えた先には小滝やナメが多数あり、倒木で荒れているが楽しめる。結果として延長して正解。11:53脱渓、12:09金山林道入り口到着。

 No.930 金山沢 その2  S  2021年8月9日(月) 20:21 修正
金山沢、思いっきり遊んだ。 異常な酷暑の中、泳ぎが苦手な自分も沢にどっぷり浸かって涼むことができた。この沢を見つけてくれたリーダーY.Yに感謝!写真を4枚。

やっとF1登場(小さな滝だが)

へつるM、水がきれいだ

K、70過ぎてもバランスはOK

果敢に攻めるリーダーY.Y

 No.927 沼ノ原から花の五色へ  J子  2021年7月25日(日) 10:11
修正
10年?15年?ぶりにクチャンベツ登山口から沼ノ原〜五色ヶ原から五色岳へ。
沢を渡り緩やかな登山道を登り、少し沢型の急坂を我慢すると小さな池塘が現れ、そこから少し行くといきなり目の前が開ける。そこが沼ノ原。 トムラや石狩連峰のすばらしさに誰もが声を上げるだろう、素晴らしい景色だ。

他にも高層湿原はあるが、大雪山に囲まれたこの沼ノ原の景色にかなう場所は北海道ではないかもしれない。この日はPM2.5の影響でかすんでしまったが、こんな近くに可愛らしい二ぺの耳を見ることができる。
大沼の逆さトムラウシは残念ながら見ることができなかったが、水が前回見た時よりだいぶ少ないように感じた。たくさんの泊りのテントがあったが、場所は十分に残っていた。
池塘の周りの木道を歩く中、沼のハリイ?の緑があまりにきれいで写真を撮ってしまった。
五色の水場を過ぎてこのルート二つ目の急坂を上り、振り返ると見事な針葉樹林の景色が広がる。ここから大沼が見えるのだが、写真ではうまく写るないのがちょっと残念。

二ぺの耳と石狩連峰

大沼から見るトムラウシ

池塘のハリイ(だと思う・・)

急坂を上って振り返る

 No.928 花の五色ヶ原へ  J子  2021年7月25日(日) 10:30 修正
そこから五色ヶ原へ、緩やかだが結構長いルートを沢の涼やかな水音を聞きながら時折現れる花や雪渓を楽しみながらのんびり登る。
五色ヶ原が近づいてくると花が明らかに増えてくる。トムラウシは常に左手に見えていて、オプタテシケ山も端に見える。写真を撮ろうとしたとき、鳥が?あれは〜ギンザンマシコだわさ!!パチリ。やったね!!
五色ヶ原はチシマノキンバイソウの盛りで、大平原の遥か向こうまで黄色に染められた景色はさすがに大雪、五色ヶ原の面目躍如だろう。笹に浸食されてかつての景色はないと言われているが、それでも圧倒される花々だ。マルバシモツケやウサギギクが同じく最盛期だった。
本当に久しぶりに立った五色岳から眼の前に忠別岳の姿を懐かしく眺める。かすんでいるのが残念だが、旭岳が左に白雲も少しだけ右に見えていた。

長い帰り道を戻り、沼ノ原の終わるところで五色方面の写真を撮る。かすんでいるので、忠別岳の特徴的な形がかろうじて見えたが・・・やっぱ長いんだわ・・
戻ってきてGPSを見ると総距離20.7キロ。いや今季最長?年寄りにはちょっと辛い、どおりで帰り膝が痛くなったわけだ、トホホ。

それでも、あの湿原と花の景色を見れて満足の山行でした。

ギンザンマシコ

五色ヶ原からのトムラウシ

忠別岳に旭岳

沼ノ原から振り返って五色方面

 No.925 富良野岳  S  2021年7月23日(金) 8:50
修正
富良野岳に行ってきた。十勝岳温泉より富良野岳〜三峰山〜上富良野岳をまわって十勝岳温泉に戻る超メジャーなコース。思ったほど登山者は多くはなかった。天候は晴れ、PM2.5のためか終始靄がかかった状態で、遠方の展望は今ひとつ。しかし、直射日光が適当に遮られ暑さ半減で快適に歩くことができた。花がきれいに咲いていた。自分は説明ができないが、盛りはちょっと過ぎたのかも?

十勝岳温泉をスタート

背景は安政火口、Zポイント

富良野岳への登り

富良野岳

 No.926 富良野岳 その2  S  2021年7月23日(金) 8:56 修正
写真を少々追加

肩よりコルに少し下り三峰山を目指す

登ってきた富良野岳を背景に登っていく

上富良野岳より分岐に向かって降りていく

安政火口を右下に見ながら下りは続く

 No.924 会山行夕張岳  たかはし  2021年7月18日(日)
修正
猛暑日が続くさなかの会山行で熱中症が懸念されたが、幸いに当日は薄曇り、木道歩きでは適度な風も吹いていて案外と快適な登山だった。
札幌を5時に出発し計画通りの7時に林道ゲートを総勢12名で出発した。登りではN井さんがガイドとなり花の名前を確認しながら約4時間半かけて夕張岳山頂に到着した。すでに山頂には10名を超える登山者がくつろいでいた。
30分ほど休憩したのち12時に下山を開始し、往きの冷水コースと異なる馬の背コースを下った。下山後は新しくなった夕張岳ヒュッテで一息ついて帰宅の途についた。
今回の会山行では夕張岳がはじめてという方が多く参加され、花の名山とも呼ばれる夕張岳の美しさを堪能していただけたのではないかと思う。

吹き通しの先の山頂

山頂直下の神社で休憩

ワタスゲ

木道をいく

 No.923 雨竜沼湿原2021.7.14  kinoko  2021年7月16日(金) 17:15
修正
2021.7.14 晴天の中 雨竜沼湿原に登る。はじめ南署寒に行きたかったが山開きが7月10日と遅かった今年連日で熊の目撃情報が相次ぎ登山道は湿原の木道折り返し地点でしっかりロープが張られ、その先入山禁止となっていた。お目当てのエゾカンゾウも、なぜか全く見られず、花だけが摘み取られたようになかった。あのエゾカンゾウの黄色い縞模様はなく、ごくわずかに咲いているだけだ。ヒオウギアヤメや大きなワタスゲやシナノキンバイは美しいがエゾカンゾウの群落がないと雨竜湿原は物足りない。原因はシカの仕業との事。唐辛子をスプレーしたのに効果なくシカが全部食べてしまったとの事。恐るべし。今年は人が入らなかったからシカタないか?来年は期待できるのかなあ。でもゆっくり周遊し河原で涼み白竜の滝を下から見上げさわやかな一日だった





 No.921 花の暑寒別岳(箸別ルート)  J子  2021年7月11日(日) 18:53
修正
暑寒別岳はこの時期花を見るなら箸別ルートに限る。
7合目まで展望のない登山道を我慢して登ると〜、7合目にあら不思議、パッと開けてそこからは全く違う山のような花花花ロードが展開する。大雪を除けばこれほどのお花畑の大展望はほかにあるのだろうかと思われるほどの花まみれ状態。もちろん時期がぴったんこじゃないとダメですけれど。
今回はちょっと油断してエゾノハクサンイチゲには少し時期が遅れてしまったが、それはそれでシナノキンバイの時期に丁度ピッタリだった。みんな知ってるこの花は、群落を作り、花の大きさと美しさもあいまって見栄えのする優等生だ。固有種のマシゲゲンゲも終わりかけていたがまだまだ見ることができた。
以前から熊の多い山域だけれど、最近人を怖らないうえに、後をついてきたりする個体が出てきて、とても一人では登る気がしない。今回は全員鈴はもちろん5人中4人熊スプレー持参で出発。3合目付近からフンがあり、7合目以降には本日のものと思われるほやほやさんが出現。幸い登山者も多く、見渡したところ離れた雪渓上にも熊はいなかったが、油断は禁物だと思う。単独登山は避けたほうがいいだろう。

シナノキンバイ

エソノハクサンイチゲ

花の中歩く

花の中歩く2

 No.922 暑寒別岳(箸別ルート)その2  J子  2021年7月11日(日) 19:01 修正
一眼レフでないと、花の大斜面を撮るのがむずかしい。少しだけ花の写真を追加。
帰りは熊が心配でやめようと思っていたけれど、暑寒別はタケノコの優良産地。下りながら、笹薮見ながら、あっ!!笹薮突入!!タケノコゲット〜〜を繰り返し繰り返し、最後の2合はお決まり通り長い〜、まだか〜、を心の中で呟きながらの大幅に時間超過しての下山となった。
まっ、いいでしょう、おしゃべりも楽しかったし、めでたし登山でした。


固有種マシケゲンゲさん

いろんな花咲いてるバージョン

いそうでいないミヤマオグルマ

今回がんばっていたトウゲブキ

 No.919 定山渓天狗岳 天狗沢(岩魚沢)左股  S  2021年7月11日(日) 13:42
修正
岩魚沢(地形図上では天狗沢)から定天に行ってきた。滑沢林道入口に車を置き、札幌湖右岸に伸びる林道を歩き岩魚沢へ。入渓し5分も歩けば二股となり、そこを左に進む。小さな滝もあるが問題なし。ちょっとした間違いもあたが戻って修正。予想していなかった雪渓が現れる。崩落寸前の中を避け何とかクリアーする。しばらく沢型が続いた後、微妙な傾斜の草付きを登る。ウドなどが結構しっかりしており、足がかり手がかりとなる。少々の藪を漕いでT峰とU峰のコルで夏道に出る。YとSがピークを目指し、TとIがそこで待機。夏道を降って登山口へ。デポした車で滑沢林道ゲート前に戻った。

林道から目指すルートが見える

入渓して直ぐに二股、左へ

いくつもの小さな滝は直登OK

Yのザックには行者ニンニク

 No.920 定山渓天狗岳 天狗沢(岩魚沢)左股 その2  S  2021年7月11日(日) 13:49 修正
追加の写真

崩壊寸前の雪渓の下を避け、何とか通過

気のせいか、Yのザックの行者ニンニクが増えている

背後に札幌湖、見た目より傾斜はキツイ

ピーク

 No.918 曇り風なし気温高いも終始ガスのなかの三段山 2021.5.2  RyoMa  2021年5月4日(火) 10:01
修正
 麓は桜の季節だが、三段山は真冬の景色。降雪があったようで20cm以上の新雪。(新雪とはいってもパウダースノーとはまったく真逆の、重い腐れ雪でスキー操作がほとんどできない)
 駐車場はほぼ満杯だ。(風がないとの予報に釣られて来たスキーヤー・ボーダーで賑わっていた。来る途中のジャイアント尾根の駐車地点も満杯状態で、路上駐車の車もあり)
 雲が低いせいか太陽の光が届かないにも関わらず温室効果のように暑い・・・赤外線ヒーターがあるかのように熱い感じ。風がなく、発生する水蒸気のせいか終始ガスの中を歩く。登りはまだいいが、下りは滑りを楽しむどころではなく、雪面も足元以外見えなく&降り積もった腐れ雪に悩まされ、横滑り・斜滑降・ボーゲンにて何とか二段目上まで下る。この先がもっともっと重たい腐れ雪(いままででの人生で最悪の腐れ雪といっても過言ではない〜)でスキー操作がまったくできない私であった。先頭のJ子リーダー、私の常に後ろのTOBIさんお二人が心配そうに見守るなか、何回も転びながらやっと白銀荘の駐車場に到着した。古い細い155cmのスキー板のせいも多少はあったかとも思うが、自分の未熟さを痛感する下りであった。70歳でスキーを始めたY,Mさんの気持ちがよくわかった。う〜ん、これからはY,Mさんにもっと優しくしようと心に決めたRyoMaであった。

09:10・出発、後ろの白銀荘&駐車場がガスってみえない

10:10・二段目の平らな所

11:35・頂上 着(頂上もけっこうな賑わいである)

古いスキー155cm使用する
1 2 3 4 5 6 7 8  過去ログ全 101件 [管理]
CGI-design