トップページ > 山行報告(記事)

<戻る>投稿検索過去一覧
山びこ会員の活動の記録です

 No.967 盤渓山周辺で読図訓練  たかはし  2022年3月13日(日)
修正
恒例の読図山行を盤渓山周辺で実施した。山びこ最高齢のUさんを含む参加者10名が3グループに分かれ、それぞれ異なるコースで奥盤渓山を目指した。当日はお天気にも恵まれ、朝7時半に集合し12時半に終了した。

最近は現在位置をGPSで確認することが当たり前となっており、GPSがなかった時代に較べると地図読みの能力が低下していると思われる。なので本日ばかりはGPSを使わず地形図とコンパスだけで行動していただいた。
しかし、しっかりと踏み固められた登山道を行くのでは訓練にならないため、あえて登山道を外したいくつかのコースを設定し、グループごとに往路・復路に異なるコースをたどった。

3グループが別々のコースでペースも異なることから、一か所に全員が揃うことは期待していなかったが、今回うまい具合に盤渓山と奥盤渓山の間のコル(460)で全員が勢揃いし、記念写真をとることができた。

読図訓練の面白さは、ひとつの山を複数の異なるルートで目指すところにあり、通常の登山では行かないようなコースが新鮮であり、新しい発見もある。今回のコースのひとつは、比較的アップダウンが少なくこちらを通常の登山道としてもよいのではと思うようなコースもあった。

それぞれの通過ログ

盤渓山ピーク

記念撮影(Uさん撮影)

妙福寺を下る

 No.968 Cグループ  たかはし  2022年3月15日(火) 19:19 修正

もうすぐ盤渓山
CグループはUさんを含む4名パーティで、グループリーダはMさん。
盤渓市民の森の遊歩道からスタートし、途中から沢を渡渉して尾根に取り付く予定だったが、渡渉地点を見失ってしまい、結果的に三菱山から下ってくるコル付近まで行き過ぎてしまった。ルートミスの主な要因としては、地図読みの未熟さもあったかもしれないが、そもそもメンバ間の予定ルートに対する認識が合っていなかったような気がした。他のメンバの意見はどうだろう。

他よりもペースが遅かったこともあり、Cグループは奥盤渓山までは行かずに下山した。予定の下山ルートは通常の一般ルート(登山道)の東隣りの尾根であったが、そこには明らかに我々以外の下りの新しい足跡があった。このルートはAグループの登りルートでもあったため、意識的か無意識かは分からないが、おそらくそのトレースに導かれたものと思われる。
その登山者はGPSなどを持っていただろうとは思うが、こういう風に道に迷い込むのかなと思った。
ゴールに近づくと我々を除くメンバの笑顔が待っていた。