トップページ > 山行報告(記事)

<戻る>投稿検索過去一覧
山びこ会員の活動の記録です

 No.884 どちらから?新得から十勝岳!!  J子  2020年9月22日(火) 16:16
修正
メジャーな十勝岳に、まったくメジャーじゃない新得から登ってきました。
トムラウシ温泉に向かう道路からシートカチ林道、トノカリ林道を経て約18キロ。途中の穴ぽこにゆっくり運転を強いられ、やれやれで登山口着。誰かいればいいなの期待にこたえるかのように、2台の車。やった〜!!あまり人がいるルートではないので、一安心。事前に〇飛さんから聞いたり、ネットで見たりしていた笹被りの登山道へ突入。沢の藪漕ぎを思えばちゃんと道があるから、うっとおしいけれどほぼ想定内で大丈夫。登山道自体はふっかふっかで歩きやすい。地図にある大滝を見ながら枯沢を渡渉。この後ほぼ1キロはまるまるあるハイマツトンネルへ・・・見通しは効かず、水が登山道を流れるのか深くえぐられた道をアクロバティック歩きを強いられて、まったくの想定外にブータレ炸裂!!





 No.885 J子一行修行僧になる  J子  2020年9月22日(火) 16:29 修正
ようやく、ハイマツトンネルアクロバット歩行を抜け、雪田だったと思われる広場に到着。やれやれ。振り返ると東大雪他の山々が連なる。これまでとは異なる景色の急斜面を2つほどこなすと、いよいよP稜線に向けてのザレ場登りとなる。仰ぎ見ると果てしなさすぎてくじけそうになりそうな火山灰?の不思議な斜面を足を取られながらひたすら、ひたすら登る。心の中で登れるのか?との不安と闘いながら・・1時間15分ほどかけて、もはや、ぶーたれる余裕もなくもくもくと登り、襲い来る煩悩をはらい、ようやっとピーク到着。やったやん、やればできるやん!!上を見なきゃいいのよ、見ないで歩くといつかは着くのだ。





 No.886 帰りは楽!!わ〜はは  J子  2020年9月22日(火) 16:44 修正
苦労して登ったザレ場、下りは超らくちん。目の前の大絶景を見ながら、ざっくざっく快適〜。二ぺ、ウペペ、下ホロ、オプタテ、トムラ、名前はわからないけれど、たくさんの山が幾重にも重なって、新鮮な風景。
このルートは紅葉がとてもきれいとの情報で、昨年から考えていたのですが、今年の紅葉は遅く、残念ながら歓声をあげる紅葉の風景は見ることができませんでした。林道が通れないうちに登山道の笹が伸びて少々ワイルド、最後のザレ場は根性ですが、変化ある秘境っぽい登山道です。この日は私たちを入れてわずかに5人。十勝岳なのに、5人。静かで充実感ある良い登山でした。あっ、結構長いです。行く人はがんばってくださいませ。