戻る投稿検索過去一覧
山びこ会員の活動の記録です

 No.716 大山(鳥取県) 2018/10/16  K  2018年10月29日(月) 23:57
修正
大山は中国地方の最高峰(1729m)で,西側からみた場合は「伯耆富士」と呼ばれるように,均整のとれた火山である。東西にのびる頂稜部一帯は崩壊が激しく,現在は大山頂上避難小屋のすぐ先から立入禁止である。「現在の山頂」から最高峰の「剣が峰」までは水平距離で600m以上あるが,三角点のある「弥山」までは指呼の間だ。あわよくば弥山くらいはと思っていたが、高山植物再生中を表す自然保護団体の標識をみて,即刻中止(ご苦労様です)。
天気はまずまずだが眺望がガスで限られ,剣ヶ峰はガスの切れ間に一瞬垣間見えただけだった。山そのものは良かったが,登山口から人工的な階段がこれでもかというほどに多く,ストレスがたまり閉口した。溶岩以外の火砕堆積物は浸食に弱く,結果的に写真のように「階段」の段差が高くなったと思われる。8合目以降は,「尾瀬」ではないのに,木道が山頂まで続き,何で? と思ったが,これはイチイ科の「大山キャラボク」(国の特別天然記念物)の保護のためである。
夏山登山口8:40−山頂10:50-行者谷C分岐12:25−(行者谷C)−夏山登山口15:40

果てしなく続く? 木道

一瞬垣間見えた剣ヶ峰

大山キャラボク(雌)

ストレスのたまる山道